FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

直線上に配置

ミレニアム国際ハーモニカ・フェスティバルの報告


              


東京クロマチックソサイェティ会誌第9号(2000年12月1日)に掲載

 IHO(国際ハーモニカ連盟)主催ミレニアム国際ハーモニカフェスティバルが2000年9月7日(木)から10日(日)までの4日間、イギリスのボーンマスで開催され、世界15カ国から約150人が参加しました。
 大会は2日間のコンテストのあと、3日目の各部門優勝者による決勝、4日目の表彰式を中心に、セミナー、市長参加の夕食会、バーベキュー大会、2回のガラコンサート(うち1回はディナーショー形式)、各国合同オーケストラによるリハーサルおよび本番演奏、フリーステージなどが配され、好天にめぐまれた中、なごやかに進行されました。
 コンテストには、日本からソロダイアトニックメロディック部門に複音の簾藤と10ホールズの足立、デュオ部門に複音の簾藤・星組、ソロクロマチック部門に吉村、真田が出場しました。
 他に森本先生がガラコンサートに出演しました。
 コンテストの優勝者および特別賞は次のとおりです。
  • ジュニア部門
    • ソロクロマチック(Eldar Nissan−イスラエル)
    • デュオ(Duo Cantalina−オーストリア)
    • トリオ(Trio Harmonicanos−オーストリア)
    • グループ(Quintet Juventus−オーストリア)
  • シニア部門
    • ソロクロマチック(Ho Chee Kin−マレーシア、アジア大会でも2位)
    • デュオ(簾藤・星−日本)
    • トリオ(Trio Non-Pareil−マレーシア)
    • ソロダイアトニック ブルース/カントリ(Si Genaro−イギリス)
    • ソロダイアトニック メロディック(Erkki Vihinen−フィンランド)
    • 特別賞(Beatta Kossowska−ポーランド)
    • 特別賞(Tay Keng Seng−マレーシア)
    • ジェリームラッド賞(Walter Buchinger)
  • 新世紀ハーモニカ奏者賞−決勝優勝者(Ho Chee Kin−マレーシア)
 セミナーの内容は次のとおりでした。
  • ブルースセミナー(Steve Jennings)Sonny Tellyの奏法などを紹介
  • 舌のリズム打ち(Walter Buchinger)ベース奏法紹介、コードモニカによる和音など
  • CHUGGING(Ben Hewlett)10ホールハーモニカ入門
  • アイルランド民謡(Brendan Power)10ホール、クロマチックによる奏法とチューニング方法紹介
  • ボラミネビッチとハーモニカラスカルズ(Art Daane)過去の映画から編集したビデオによるハーモニカコミックバンド、ラスカルズの紹介-とてもすばらしいものでした
 ガラコンサート出演者は次のとおりです。どちらも夜11時半まで続く熱演でした。

 金曜夜
  • ハーモニカオーケストラ、Laakirchen−オーストリアの音楽学校
  • The Harmonica Entertainers−スイスのデュオ、'95横浜にも出演
  • Mietek Borkowsky−ポーランドの複音、横浜にも出演
  • Alexendre Thollon−フランス19才のプロ
  • Four In Accord−地元イギリスのカルテット
  • Ben Hewlett−イギリスのブルースバンド
  • 森本恵夫−日本、ご存知わが心のハーモニカ
  • Beatta Kossowska and the LeBlues Band−ポーランドの美人女性10ホール奏者中心のブルースバンド
  • Jim Hughes−イギリスのクロマチック奏者
  • Jean Labre−ご存知フランスのIHO副会長
  • Pentti Varkilla and the Cool Finns−フィンランドの10ホール奏者達
  • Brendan Power−ニュージーランド出身ロンドン在住アイルランド民謡奏者
 土曜夜

 アフターディナーショー。会場の椅子を取り払い、テーブルが持ちこまれ参加者全員のディナーのあとコンサートが始まりました。
  • Youth Harmonica Ensemble−オーストリアの音楽学校の若手オーケストラ
  • Larry Adler−御大ラリーアドラー、ロンドン在住
  • The Harmonica Hotshots−アメリカ合衆国
  • Beatta Kossowska and the LeBlues Band−ポーランドの美人女性10ホール奏者中心のブルースバンド、再登場
 シニアデュオ部門で優勝した簾藤・星組さん、本当におめでとうございました。
 参加費用は100ポンド(1万6500円程、会員割引あり)でしたが食事も何回かついており、セミナーも一つの会場で順番にやるので全部参加でき、結果的には安かったと思いました。会場付近は有名な海水浴場なのでホテルが山ほどあり、筆者のホテルは一泊朝食付き20ポンド(3300円程)、眠りと朝食に帰るだけなので割安でした。ハーモニカ・ショップ、ハーモニカ用楽譜、ハーモニカCDの出店があり、ついつい買い物をしてしまいました。
 なお、次回ミレニアム国際ハーモニカフェスティバルは千年後の西暦3000年に開催の予定とか。(爆笑)

トップ・ページ・アイコン
トップページにもどる

ミレニアム・アルバムのページ

お話へもどる

直線上に配置

©copy right 2001 Shoji Sanada, All rights reserved