家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

直線上に配置

構造研究


Electric Hering


珍しいクロマチック・ハーモニカを分解して構造を調べます。



外観
箱はバッテリ・ケース

側面
番号は1〜16。
クローム鍍金のカバーとマウス・ピース。

底側から
コンデンサー・マイクが2個付いている。

上側から
ストレート配列。クローム鍍金なので滑りはよい。

カバーを外したところ
カバーの支えがHohner社のものと異なる。

リード・プレートを外したところ
リード・プレートを留めるネジは太いもの5本と上の方を留める細いもの2本。ネジ山が崩れやすいので慎重な扱いが必要だ。
下のスペースを利用してマイクロフォンの配線がされている。

反対側の配線
二つのコンデンサー・マイクロフォンが線で繋がれている。右端がジャックの挿し込み口。

ジャックの挿し込み口
配線は裏側からきている。

このクロマチック・ハーモニカは元々木製ボディだったもの。交換用リード・プレートを購入すると、Heringの場合、プラスチック・ボディにマウントされた形で届くのでそっくり交換した。2000年のIHO国際大会で英国に行ったときに予備のハーモニカとしてもっていったが、会場でhaRmonic solutions社がエレキ10 holesを展示していたので、預けて応用してもらった。2〜3週間で手元に届いた。



トップ・ページ・アイコン
トップ・ページへもどる

構造研究へもどる


直線上に配置

©copy right 2001 Shoji Sanada, All rights reserved