FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
恋活

直線上に配置

構造研究


Gold16


珍しいクロマチック・ハーモニカを分解して構造を調べます。



ケースと外観
Bill Romelさん考案のGold16。注文生産になる。
木箱の中に布製の袋に入れて保管する。

マウス・ピース側から
金鍍金は薄いらしく、すぐ変色してしまった。

底面から
カバーは片面ずつボディに取り付けられている。
リード・プレートはSuper 64Xのものが使われている。

カバーを外したところ
マウス・ピース、リード・プレート、カバーすべて金は鍍金されている。
バルブはRomel特性のもの。
カバーは分厚い真鍮なのでかなりの重さとなる。

全分解
透明プラスチック・ボディの側面と底面に金鍍金の真鍮版が取り付けて
あるが接着剤で固定されていて取り外せない。これも重い。
リード・プレートは片面ずつ15個のボルトで留められている。
スライドは金鍍金されているが、そのために余計へばり付き
やすいので、頻繁な掃除が求められる。
スライドの底面は直接ボディに接触するので、息洩れを防ぐために
鑢がけしてより密着するよう調整した。

ストレート配列
ストレート配列にしたことにより、レバー・アクションが短くて済む。


トップ・ページ・アイコン
トップ・ページへもどる

構造研究へもどる


直線上に配置

©copy right 2001 Shoji Sanada, All rights reserved