FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

直線上に配置
コレクション鑑賞記録

                 

このCDの鑑賞記録です。
THE ADLERS LIVE

THE ADLER TRIO

'95横浜大会で販売された一枚です。

ライブ演奏ですので拍手が入ってきます。

収録曲は、

1.WILHELM TEL OVERTURE
2.TRITCH TRATCH POLKA
3.TWO GUITARS
4.SHIR AHAVA YASHAN
5.RE'ACH TAPUCH
6.CALLING YOU
7.SYMPATHY
8.THE LONELY SHEPHERD
9.TIKO TIKO
10.PARTIDA
11.THE GOOD THE BAD AND THE UGLY
12.COUNTRY MEDLEY
13.FRENCH CAN CAN
14.SABRE DANCE

です。

大会ではこのアルバムに入っている曲をたくさん演奏してくれました。4.はイスラエルでは観客が一緒になって歌い始めますが、さすがに日本では知られていない曲です。確か「さくらさくら」を演奏してくれたのですが、出だしにちょっとつまずいたと記憶しております。

フォーラムではDror Adlerさんが主に説明してくれて、コード・ハーモニカの吹き方など貴重なレッスンでした。大変役に立っています。彼らはエレキ・クロマチックとエレキ・バスを使い、コードはオープン・マイクのままです。エレキ・バスは手作りで、真ん中に低音側のリードを集めてあって、コンデンサー・マイクで低音を拾いやすいようにしてあります。ボディはプラスチックに作り替えてありました。このアイデアはSUZUKIのバス・ハーモニカに応用されて、バス用マイクも売り出されています。エレキ・クロマチックはアルミの窓枠を切り取ってその中にコンデンサー・マイクを仕込んだものです。280をカチッとはめ込むことができます。'00の英国大会でそれをお弟子さんが使っているのを見せてもらって、その後Dror Adlerさんから買わないかとのE-mailが届き、喜んで買いました。しかしその後我がトリオハミングバードが解散してしまったのであまり活用できていません。

Drorさんのコードはかなり身体を動かしながら見せる要素を持っていますが、観察しているとマイクとコード・ハーモニカの距離はいつも一定に保たれていて、ぜひ見習うべきだと感心しました。

11.はBoo Hoo Wooがレパートリーに取り入れましたね。マカロニ・ウェスタンです。

2004/11/21


直線上に配置

©copy right 2004 Shoji Sanada, All rights reserved