FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

直線上に配置
コレクション鑑賞記録

                 

このCDの鑑賞記録です。

I SAY JAZZ
Hermine Deurloo:harmonica、saxophones
Jean Louis van Dam:keyboards
Ben Janssen:double bass
John Engels:drums

Hermine Deurlooはアムステルダムうまれで7歳のときフルートとチェロを演奏し始めた。後にアルトサックスを取り上げ、アムステルダムのSweelinck Conservatoryでジャズを専門に学んだ。
プロのポップ、ジャズ・バンドやビッグ・バンドに参加し、いくつかのCD作りに関わった。いろいろな音楽祭やラジオ、TVショーに出演した。
1994年にクロマチック・ハーモニカを専門とし始めた。サキソホンとハーモニカでオランダの劇場ツアーをこなし、海外ではモダン・ジャズ・ダンス・グループDjazzexやコメディアンTineke Schoutenと共演した。
Hermineのハーモニカでの最初の録音はギタリストRicardo Insunzaとものであった。このラテンCDSozinhosは国際的に広く受け入れられ、英国、オランダ語圏ドイツ、フランス、米国で暖かいレビューを受けた。スタジオでの仕事も多く、Ronald Snijders、Ge Titulaer、Toots Thielemans、Lils Mackintosh等と共演した。
1998年にジャズ・グループI SAY JAZZにさんかし、その結果がこのCDである。

各奏者の子供の頃の写真が載っています。

収録曲は

1.Let's take it to the bridge
2.Caravan
3.Pictures and memories
4.Children's corner
5.Barbara's travels
6.Baby boom bossa
7.You've got a friend
8.Secret love
9.Alone again
10.Girl talk
11.Paint it blue
12.Lately

です。

2004/10/28


直線上に配置

©copy right 2004 Shoji Sanada, All rights reserved